2022年12月11日

2022年 第21回 白美展 展示作品一覧

2022年10月13日より16日まで、白岡市中央公民館講堂で開催された第21回白岡市美術家協会展の出品作品を掲載します。
会期中多くの方々にご来場を賜りました。あらためてお礼申し上げます。

(作品の撮影は、当協会員の写真家田續和男氏が行いました。画像をクリックすると拡大してご覧になれます。)

第一部 日本画・洋画


1小出二郎.jpg

                「夏の日」小出二郎  (F25)


1森田和彦.jpg

               「暮」(ぼ) 森田和彦 (F30)


1秋月幸子.jpg

                 「春愁」秋月幸子(F50)


1阿部重雄.jpg

                  「廃車」阿部重雄(F50)


1石川幸子.jpg

                  「はな」石川幸子 (F30)


1大久保一巳.jpg

               「刻」(とき) 大久保一巳 (F50)


1大森光芳風立ちぬ.jpg

                「風立ちぬ」大森光芳 (F4)


1大森光芳遠い日.jpg

                「遠い日」大森光芳 (F12)


1小池友子.jpg

               「地球温暖化」小池友子 (F30)


1小島せつ.jpg

               「至福の時」小島せつ (F50)


1三枝尚.jpg

            「ネパール 1992年・元旦」 三枝尚 (F8)


1佐藤美枝子.jpg

         「チヴィタ・ディ・バニョレージョ」 佐藤美枝子 (F50)


1白石広子.jpg

     「ねぶた祭 跳ねる」白石広子 (F50) *埼玉県展 共同通信社賞 受賞作品


1鈴木明美.jpg

               「flower motif T」鈴木明美 (F10)


1高橋真理子ありふれた景色.jpg

             「ありふれた景色」高橋真理子 (F10)


1高橋真理子槍ヶ岳夜景.jpg

               「槍ヶ岳夜景」高橋真理子 (F4)


1田中正敏.jpg

               「なかよし二人」田中正敏 (F50)


1森本敏之.jpg

             「時雨のメロディー」 森本敏之 (F50)


1山本環.jpg

        「小春日和」 山本環 (F50)*埼玉県展 埼玉新聞社賞 受賞作品


第二部 彫刻・工芸・能面・クラフトアート


2中村和彦−指揮者.jpg

                「指揮者」中村和彦 (H84)


2山田さん皿2枚.jpg

         「草文鉢」(W29)「ラフランス文鉢」(W28) 山田和美


2着物cmyk.jpg

           「祝」 阿部光江 (H164)*梨を使った草木染め


2鬼久保康司増女.jpg

                 「増女」 鬼久保康司 


2鬼久保康司天狐.jpg

                 「天狐」 鬼久保康司


2須永益生延命冠者.jpg

                 「延命冠者」 須永益生


2須永益生影清.jpg

                  「影清」 須永益生


2高川多美子.jpg

            「ローズマリング Os」 高川多美子 (W51)


2木村敏博虹T.jpg

               「連鶴 虹 1」 木村敏博 (W30)


2木村敏博虹U.jpg

               「連鶴 虹 2」 木村敏博 (W30)


第三部 書


3石井春紅いろは歌.jpg

               「いろは歌」 石井春紅  (H164)



3春紅2枚BB.jpg

              「高青邱詩」 石井春紅  (H162)


3枝松-2cmyk.jpg

             「安在静中」 枝松游心  (印 6×6)


3枝松富在知足.jpg

              「富在知足」枝松游心  (印 6×6)


3内山優泉「西行山家集」.jpg

             「西行 山家集」 内山優泉  (H159)


3金田絢子万葉集.jpg

                「万葉集」 金田絢子  (H180)


3金田絢子百人一首.jpg

              「百人一首」 金田絢子  (H124)


3栗原大伴坂上.jpg

            「大伴坂上郎女の歌」 栗原汀逕  (H135)


3栗原釈.jpg

             「釈迢空 短歌」 栗原汀逕  (H135)


3関口天峰.jpg

              「少字数 国」 関口天峰  (H68)


3関口天峰篆刻.jpg

             篆刻「誠敬謙謹」 関口天峰  (印6×6)


3高澤尋泉虚無.jpg

              「虚無恬淡」 高澤尋泉  (H135)


3高澤尋泉山水.jpg

              「山水有清音」 高澤尋泉  (H135)


3平野玲花cmyk.jpg

              「夢かうつつか」 平野怜花  (H26)


3二木進.jpg

              「長楽萬年」 二木進  (印 6×6)


第四部 写真


4石井渡良瀬遊水地cmyk.jpg

       「静寂」・「デコイにコイ(恋)して」  石井守彦  (A3ノビ)


4小田嶋美千代1cmyk.jpg

          「初冬」・「早春」   小田嶋美千代  (A3ノビ)


4小野田1cmyk.jpg

         「木道逍遥」・「小原の秋」  小野田憲司  (A3ノビ)


4金谷1cmyk.jpg

          「彩光」・「貴重な瞬間」  金谷隆史  (A3ノビ)


4菊池良江1cmyk.jpg

       「昭和の時代 T」・「昭和の時代 U」   菊池良江  (A3ノビ)


4須加尾 ひまわり999cmyk.jpg

          「向日葵の朝」・「秋宴」  須加尾浩   (A3ノビ)


4田續 和男1cmyk.jpg

     「想像して下さい(きれいなグリーン)を」(左)
     「想像して下さい(きれいな青空 ブルー)を」(右) 田續和男 (全紙)


4中村隆夫幻夢1cmyk.jpg

           「幻夢−1」・「幻夢-2」 中村隆夫  (A3ノビ)


クマに会いたくて.jpg

        「熊に会いたくて」・「ねこの盆」  HANJIRO (W90・ W55)


4福島1cmyk.jpg

           「ISS通過」・「春光ISS」 福島勇  (A3ノビ)


4吉田1cmyk.jpg

           「夕照」・「町明かり」 吉田和博  (A3ノビ)



                   Thank you for Watching!




posted by 白美 事務局 at 19:00| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年10月16日

第四部 写真 須加尾浩さん 日本風景写真協会東京支部20周年記念作品展 出品

秀麗彩美 〜出会いの瞬間〜 と題した、日本風景写真協会 東京支部20周年記念作品展に、当協会第四部(写真)の須加尾浩さんの作品2点が出品されます。


2 sukao.JPG

                   「朝霧に射す」


1sukao .JPG

                   「静けさの中に」



会期:2022年11月4日(金曜)〜11月10日(木曜)
 平日10時30分〜19時  土・日 11時〜17時(最終日=14時まで)
会場:富士フォトギャラリー銀座 スペース1、2、3
 東京都中央区銀座1丁目2-4 サクセス銀座ファーストビル4F クリエイト銀座本店
TEL:03-3538-9822


お立ち寄り下さい。




posted by 白美 事務局 at 19:16| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年10月13日

2022年 第21回白岡市美術家協会展 開催

2022年10月13日より、白岡市中央公民館講堂にて、第21回の白美展を開催しました。
新型コロナの感染拡大防止の為、二年連続して中止となっていた為、三年振りの開催です。

朝9時、丹精込めて作り上げた作品を持ち寄り会場となる中央公民館に集合。
午前中、会場づくりに続いて作品の飾り付けを行いました。

参加した会員数42名、展示作品数は70点。
絵画部門を中心に出品作品が大きくなり、会場のスペースは限られている為、例年に比べ少々窮屈な展示となりました。
しかし、2年間の休止がエネルギーになったのか大作が増えたのと同時に内容の濃い作品が多かった印象があります。

2022hakubi1.JPG

                   「会場風景」


2022hakubi2.JPG

                   「入り口付近」


2022hakubi3.JPG

                   「絵画部門」


2022hakubi4.JPG

                   「書 部門」


2022hakubi5.JPG

                   「彫刻・工芸部門」

2022hakubi6.JPG

                   「プレゼントコーナー」



会期:2022年10月13日(木)〜16日(日)
9時より16時半   最終日16時まで
会場:白岡市中央公民館 講堂

ご高覧よろしくお願いします。



*この展示会は、10月16日に終了しました。
ご来場頂いた皆様、有難うございました。



* この展示会に出品された作品は、画像として後日、このブログに掲載いたします。



posted by 白美 事務局 at 21:30| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年10月02日

第21回白岡市美術家協会展準備 運営委員会(4)開催

10月2日(日曜)午前9時半より白岡市中央公民館で、4回目の白美展準備運営委員会を開催しました。

準備としては最終回にあたる委員会で以下の項目について検討を行いました。

1、各部の出品申し込み状況について
 申し込み者44名 不参加2名

2、会場レイアウトについて
 会場入り口右側より、第一部(絵画 パネル21枚)、第四部(写真 パネル11枚)、第三部(書 9パネル)、第二部(能面、クラフト 5枚)の順となります。 立体作品は会場中央に展示 出口に近いところにプレゼントコーナーが設置されます。

3、出品目録について
 修正点をチェック。 10月6日まで訂正作業可能 500枚印刷

4、会場当番表の確認

5、芳名帳 様式確認

6、作品目録(写真集)
  申し込み書 様式を検討
  *自ら印刷を行い、プレゼント用ポストカードを提供される場合、50枚当たり500円を協会より補助

7、キャプション 様式の確認

8、親睦会については、実施しない

9、搬入当日の担当などを確認

10、初日(搬入日) 役員集合 8時50分  会員9時

以上について、検討、決定しました。
開催まで残り10日あまり、3年ぶりの開催となります。


tomoegamo.JPG


               見沼自然公園 「トモエガモ」





posted by 白美 事務局 at 23:02| Comment(0) | 運営委員会便り

2022年10月01日

トールペイント日本展に高川さん入選

第5回トールペイント日本展(主催:日本手芸普及協会)に、第二部 クラフトアート所属の高川多美子さんが入選しました。
高川さんは長年、トールペイントを中心に制作活動をされていますが、今回このコンテストに応募し見事入選されました。

トールペイント日本展.png


第5回トールペイント日本展 入賞入選作品展は、以下のスケジュールで行われます。

会期:2022年10月28日(金曜)〜30日(日曜)10時〜17時(最終日15時まで)
会場:クラフティングアートギャラリー
   中野区弥生町5-6-11ヴォーグビル
   *東京メトロ丸の内線 「中野富士見町」駅より徒歩7分
   問い合わせ先:03-5342-3670 公益財団法人 日本手芸普及協会
   入場無料

ぜひ、お立ち寄りください。








posted by 白美 事務局 at 18:27| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年09月21日

第一部 洋画 森本敏之さん 「新制作展」入選

第一部 洋画の森本敏之さんが、第85回新制作展に入選されました。
昨年に続いての作品展示となります。

今回はF100号の大作に挑戦され、見事難関を突破されました。

以下、詳細です。
場所:国立新美術館 千代田線乃木坂駅下車もしくは日比谷線、大江戸線六本木下車
期間:2022年9月21日(水)〜10月3日(月)10時〜18時(入場17時半)休館日9/27
入場料一般:800円 65歳以上無料


shinseisaku.jpg


posted by 白美 事務局 at 23:18| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年09月12日

2023年 こもれび展日程が決定しました


2023komorebi.jpg



9月11日(月曜)に、白岡市生涯学習センター 2F会議室にて、来年1月より6月までのこもれびの森ギャラリーの利用者調整会議が行われました。
各部より代表者が出席し、同会議には市内の8団体が参加していました。

その結果、美術家協会としては、希望どおりの日程を確保することが出来ました。
以下、開催順序と日程です。

<第2・3部合同> 5月2日(火曜)〜5月14日(日曜)
<第4部>     5月16日(火曜)〜5月28日(日曜)
<第1部>     5月30日(火曜)〜6月11日(日曜)

例年と異なり、来年は第二部、三部合同が最初になります。

正式な案内・出品申し込みは、新年明けてからの発送となります。
posted by 白美 事務局 at 00:00| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年09月11日

第21回白岡市美術家協会展準備 運営委員会(3) 開催

9月10日(土曜)午前9時半より白岡市中央公民館で、3回目の白美展準備運営委員会を開催しました。
3回目の準備委員会で検討、及び決定した事項は以下の通りです。

1、各部門の出品申し込み状況を整理し、10日の時点で、会員46名中42名参加、2名の不参加の見通しになりました。

2、出品目録(会場で来場者に配られる出品作品名及びコメント)に記載される、作者コメントについて、誤字脱字、解りにくい語句などがないか、チェックしました。

3、プレゼント用ポストカード作成について、作成費用などについて検討しました。

4、会期中の当番について、小池さんに作成を依頼。

5、会場レイアウトについて、概要を検討し、その結果を基に鬼久保さんに作成を依頼。

6、作品目録(作品写真集)について、一冊700円にすること。搬入時に申し込み受付、集金を行う。

7、ポスター掲示、案内ハガキ配置について検討。

以上について、話し合いました。

次回の運営委員会は、10月2日(日)9時半より 中央公民館で行います。
21回展準備運営委員会としては最終となります。

posted by 白美 事務局 at 22:31| Comment(0) | 運営委員会便り

2022年09月05日

作品撮影会

9月4日(日曜日)、中央公民館研修室にて10月より開催される白美展を前に、プレゼントポストカード用の作品撮影を行いました。
第四部 写真の田續さんが、所持されている撮影機材を使用しての絵画・工芸・書など作品13点の撮影会でした。



IMG_1475.jpg


作品1点につき、撮影時間は約10分ほどかかります。
それは作品そのものと撮影した画像の色バランスを取るためにグレースケール板を重ねた姿で一枚撮り、その後に本番としての一枚を撮るからです。また工芸品などの撮影では、陰の部分を引き立たせるために照明の位置を変えたり、トレーシングペーパーを被せたりして微妙な調整を行います。
長い間写真撮影に携わったカメラマンの、経験と勘がものを言う瞬間でもあります。

撮影された作品の画像は、田續さんが持ち帰ってパソコンで編集作業を行い、21回展の来場者へのプレゼント用のポストカードに使用されます。また今年計画している作品目録(作品写真集)にも掲載されます。





posted by 白美 事務局 at 09:27| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年09月03日

第四部 写真 須加尾浩さん フォトクラブ槻の森写真展 出品

当協会、第四部(写真)の須加尾浩さんが、第21回フォトクラブ槻の森写真展に出品されます。

会期:2022年9月8日(木)より9月11日(日)
会場:コミュニティセンター いわつき

<詳細、会場案内図>

 sukaophotoexi98.jpg


ご高覧よろしくお願いします。




posted by 白美 事務局 at 13:29| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年07月10日

第21回白岡市美術家協会展準備 運営委員会(2) 開催

7月9日(土曜)午前10時より白岡中央公民館で、白美展準備としては2回目の運営委員会を開催しました。

6月12日付のブログで1回目の会議内容をお伝えしていますが、今回はそれの続きとして、各作業の役割分担を行いました。
適材適所で役割の担当者を決めていきますが、一度でも経験積んだ人がノウハウを心得ているので、どうしても同じ人に同じ役割が行く傾向があります。この辺りが割り振りを考えるリーダーの苦しいところでもあります。

今年の準備の中で特筆すべきは、「作品目録」(*出品作品の写真集)の復活です。
作品目録は過去数回作製しましたが、写真撮影から編集まで担当していた優秀なカメラマンが退会され、しばらく途絶えていました。今年、同じ写真部の田續さんから制作を行っても良いとの有難い提案があり、五年ぶりの復活となりました。
それと、作品の写真撮影に関係しますが、例年、来場者プレゼントとして会場に並べているポストカードについて、今年は会期前に撮影会を実施し、印刷業者に発注して作製することになりました。
同じく、田續さんが撮影を行い、申し込みは最低100枚単位で希望者の負担は1,000円(1点につき)。その内50枚をプレゼントに供出していただき、残りの50枚は希望者の所有になります。*詳細につきましては、白美展出品案内の中でお知らせします。

案内ハガキの原稿が完成しました。
このデザインは、昨年の白美展用に作成しましたが、中止になった為に今年の案内ハガキに復活させました。

 
2022白美展案内ハガキ.jpg

 

近日中に印刷業者に2,000枚発注し、出品案内書とともに会員の皆さんに10〜20枚発送します。

その他、書部門への入会審査を行い、内山純子さん(彦兵衛在住)の入会が承認されました。
書の会員数が10名となり、合計での会員数は46名です。

最近になってまた新型コロナの感染者数が増え、第七波が懸念されていますが、10月13日から開催予定の21回展の準備はスケジュールどおり行っています。
実はコロナだけではなく、白美展の開催に影響するかもしれない事案についての説明が、中央公民館の館長より役員会の直前にありました。公民館講堂の雨漏りの修理を行う必要があり、被害の状況次第で工事期間が白美展の会期と重なる可能性もあるとの説明でした。もし重なった場合には、講堂内に足場を組むことから会場が利用出来なくなります。公民館ではその為に、施設内のいくつかの部屋を白美展の為に仮押さえしているとのことでした。
役員会の冒頭で、まずそれについて話し合い、会期の延期を含めたスケジュールの見直しも検討しましたが、最悪の場合でも施設内の小部屋が使えることと、工事期間が会期と重なる可能性は低いとの希望的観測により、当初のスケジュールどおり準備を進めて行くことになりました。*この関係で、近日中に印刷に出す案内ハガキ内の会場名を、中央公民館講堂から少々曖昧に中央公民館にしています。


白美展の出品案内(出品要項、出品申し込み、開催案内ハガキ)は、当初の予定どおり7月末〜8月初旬に行います。
申し込み締め切りは、8月末になります。
なお、次回運営委員会は、9月10日を予定しています。




posted by 白美 事務局 at 09:30| Comment(0) | 運営委員会便り

2022年06月12日

2022年 こもれび展 展示作品一覧

2022年こもれび展は、5月3日に第一部日本画、洋画の展示よりスタートし、6月12日の第四部写真の最終日をもって全会期を終了しました。6週間に亘る期間中、ご来場を賜った多くの皆様及び出品参加を頂いた会員諸氏にお礼申し上げます。

2022年こもれび展のまとめとして、出品展示された全作品を画像として掲載します。
*一部の作品には、保護ガラス面の反射が入っていることをご了承ください。

<第一部 日本画・洋画> 会期5月3日〜5月15日

2022koide-morita.jpg

            小出二郎「高貴」  森田和彦「錦風千曲川(小諸)」



2022akizuki-ookubo.jpg

            秋月幸子「待つ」     大久保一巳「高台橋の初夏」


2022kojima-oomori.jpg

            小島せつ「城沼公園」    大森光芳「風立ちぬ」



2022ishikawa.jpg

            石川幸子 「はな」   ・    「はな」


2022morimoto.jpg

            森本敏之 「彩るアケビ」 ・ 「柿日和」



2022shiraisi.jpg

            白石広子 「香港旅情」 ・ 「ひまわり」



2022suzuki-koike.jpg

           鈴木明美「Flower motif」   小池友子「希望2022」


2022tanaka-takahasi.jpg

          田中正敏「製鉄所の高炉」  高橋真理子「北岳から」



2022yamamoto-satou.jpg

          山本環「勝手口」 佐藤美枝子「チヴィタディ(バニョレージョの朝)」


2022saegusa.jpg

               三枝尚 「ウルル(オーストラリア)」



<第二部 彫刻・工芸・能面・クラフトアート> 会期:5月17日〜29日


2022nakamurakazu.jpg

            中村和彦「夏の日の夢」 ・  同部分



2022nakamurakazu-sunaga.jpg

            中村和彦「イカロス」   須永益生「祖父(狂言面)」



2022sunaga.jpg

            須永益生「須佐之男命(男神面)」・「大国主命(男神面)」



2022onikubo.jpg

            鬼久保康司「中将」   ・   「平太」



2022takagawa-yamada.jpg

      高川多美子「憧憬」(*トールペイント) 山田和美「作品1」



2022kimura.jpg

          童夢 木村敏博「虹」(連鶴144羽)・「太陽」(連鶴42羽)


<第三部 書> 会期:5月17日〜29日

2022edamatu.jpg

           枝松游心 「富在知足」・「小野東風筆 継色紙より」



2022edamatu-hutaki.jpg

           枝松游心「長生久視」  二木進「不入虎穴不得虎子」 



2022isihi-kaneta.jpg

          石井春紅「高青邱詩」    金田絢子「安都扉娘子の歌」



2022kurihara.jpg

       栗原汀逕「短歌 落合直文 作」・「藍(一文字)」・「短歌 和泉式部」



2022sekiguti1.jpg

            関口天峰 前衛「不安」組作



2022sekiguti2.jpg

         関口天峰 篆刻 「近作二顆」 ・現代詩文「金子兜太の句」



2022takazawa1.jpg

           澤尋泉 「抱撲(甲骨)」



2022takazawa2.jpg

           澤尋泉 「喩良能詩」 ・ 「無心無礙」




<第四部 写真> 会期:5月31日〜6月12日



2022odajima.jpg

          小田嶋美千代 「初夏の山から」・「彩雲」・「寒い朝」



2022onoda.jpg

          小野田憲司 「桜(2)」・「桜(3)」・「桜(1)」



2022kanetani2.jpg

          金谷隆史 「花の群像」・「日本海の夜明け」・「春支度」



2022kikuchi.jpg

          菊池良江 「空に舞う」・「アーケード街」・「春彩」



2022sukao.jpg

          須加尾浩 「春雪舞う」・「霞に浮かぶ」・「幻想の湿原」


2022tatuzuki.jpg

  田續和男 さんにっぱレンズの世界 「青い麦畑」・「一瞬の時」・「八重咲きのドクダミ」


2022nakamurataka.jpg

          中村隆夫 「迎春1」・「迎春2」・「迎春3」



2022FUKUSIMA.jpg

          福島勇 「春探し」・「春の陽」・「曙」


2022yoshida.jpg

          吉田和博 「秋晴れの草原」・「山里の春」・「旅立ち」



2022年こもれび展の出品作は以上です。

協会としての展示会は、この秋に第21回白岡市美術家協会展(白美展)を予定しています。
10月13日(木)〜16日(日)までの4日間  白岡市中央公民館で開催します。



posted by 白美 事務局 at 17:03| Comment(0) | 活動予定と記録

第21回白岡市美術家協会展準備 運営委員会(1) 開催

6月12日(日曜)午前10時より、白岡市中央公民館で対面での役員会を開催しました。
10月13日より開催予定の第21回白美展に向けて、最初の運営委員会です。

運営委員会の第一回目として白美展の大要を検討し、以下の項目について決定しました。
・「広報しらおか」への記事掲載は、10月号に予定する
・開催案内としてハガキ、ポスターを作成し、チラシの製作は行わない
 デザインは昨年決定したものを使用する
・市政施行十周年の記念及び特別展は行わない
・懇親会については、今年も中止とする
・来場者プレゼントの内、陶芸小品は約90個2部山田さんより提供可能
 ポストカードについては、有志が作成し、50枚につき1,000円助成
・作品目録(記念誌)の作製は田續さんを中心に進める
・埼玉県まなびぃ協賛事業の申し込みは行わない

以上のことが決定しました。
今回中止となったいくつかの議案については、賛否両論あって意見が割れましたが、最終的には多数決で決定しました。

なお21回展の出品案内申し込書については、8月上旬に会員宛に発送(手渡し)。
8月末に出品申込書締め切り予定です。

その他、新入会員として3名が承認されました。
第三部 書  平野由美さん 下野田在住 (雅号:怜花)
第四部 写真 石井守彦さん 小久喜在住
第四部 写真 中村和彦 (号:HANJIRO)*二つの部会に所属することは前例に無く、今後の為、取り扱いなどを入会規約に明文化することになりました。

次回の運営委員会は7月9日を予定しています。

  

kawasemi.jpg

                 カワセミ (高岩公園)








posted by 白美 事務局 at 14:20| Comment(0) | 運営委員会便り

2022年05月31日

2022年こもれび展 <写真> 開催

5月31日(火曜)より、2022年こもれび展最後の部会として、第四部 写真の作品展示が始まりました。
9名の作者がそれぞれ自由なテーマで3点ずつ出品し、合計27点が並んでいます。


2022komo4b.jpg



2022komo4a.jpg


日本の風景を撮った作品が多く、とても爽やかで観ているとどこかへ出かけたくなる作品展です。

会期:5月31日(火曜)〜6月12日(日曜)まで。
開場時間;9時〜19時  最終日6月12日 15時まで 月曜休館
白岡市生涯学習センター こもれびの森ギャラリー(白岡市千駄野 432)







posted by 白美 事務局 at 13:18| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年05月17日

2022年こもれび展 彫刻・工芸・能面・クラフトアート・書 開催

5月17日、白岡市生涯学習センターギャラリーにて、第一部(日本画・洋画)に引き続き、二部(彫刻・工芸・能面・クラフトアート)・三部(書)合同のこもれび展がはじまりました。
曇り空の下、雨にならないよう祈りながらの作品搬入でした。
多様な作品ジャンルの二部と三部 書の合同展なので、統一された綺麗さはありませんが、雑貨屋さんの店先のような興味を引かれる会場となりました。


2022こもれび2、3部1.jpg



2022こもれび2、3部2.jpg


立体造形作品11点と書16点の作品が並びました。

会期:5月17日(火)〜5月29日(日)まで。
開場時間:9時〜19時 最終日29日16時まで 月曜休館
白岡市生涯学習センター( 白岡市千駄野432)

お立ち寄り下さい。


<この展示会は5月29日に終了しました>
*なお展示された作品の画像は全会期終了後にあらためてアップします





posted by 白美 事務局 at 20:19| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年05月16日

第四部 写真 須加尾浩さん 日本風景写真協会 創立20周年記念選抜展に出品

当協会、第四部(写真)の須加尾浩さんが、日本風景写真協会 創立第20周年記念選抜展に出品されます。

全国を回る展覧会で、会期及び会場は以下のとおりです。

東京 6月3日〜6月9日 富士フィルムフォトサロン東京
*東京都港区赤坂9-7-3 フジフィルムスクエア  10:00〜19:00 最終日16:00  

大阪  6月17日〜6月23日 富士フィルムフォトサロン大阪   
名古屋 7月15日〜7月21日 富士フィルムフォトサロン名古屋
山形  9月28日〜10月3日 山形県芸文美術館
その他、広島、福岡で開催予定。







posted by 白美 事務局 at 20:37| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年05月08日

組織図 2022年 令和4年度より

2022年 令和4年5月8日 役員改選

       会長  中村隆夫(写真)

       副会長 小出二郎(日本画)/田續和男(写真)/中村和彦(彫刻)

       委員  第一部 小出二郎  小池友子  森本敏之
           第二部 中村和彦  鬼久保康司 山田和美
           第三部 関口天峰  枝松游心  栗原汀逕  
           第四部 田續和男  須加尾浩  福 島 勇

       監事      阿部光江  石川幸子  
       会計      枝松游心  栗原汀逕
       事務局     中村和彦





posted by 白美 事務局 at 20:53| Comment(0) | 白美 組織図

会員名簿 2022年

会員名簿 2022年(令和4年5月8日現在)

第一部 <日本画/洋画>
日本画=小出二郎(新白岡)・森田和彦(太田新井)
洋 画=秋月幸子(上野田)・石川幸子(新白岡)・大久保一巳(新白岡)・大森光芳(上野田)
    岡田昭夫(新白岡)・小池友子(小久喜)・小島せつ(寺塚)・三 枝 尚(新白岡)
    佐藤美枝子(新白岡)・白石広子(新白岡)・鈴木明美(小久喜)・高橋真理子(小久喜)
    田中正敏(新白岡)・森本敏之(小久喜)・山本環(新白岡)
     

第二部 <彫刻/工芸/能面/クラフトアート>
彫 刻=中村和彦(新白岡)
工 芸=阿部光江(白岡)・原田敬子(西)・山田和美(小久喜)
能 面=鬼久保康司(小久喜)・須永益生(篠津)
クラフトアート=木村敏博(新白岡)・高川多美子(西)


第三部 < 書 >
    石井春紅(小久喜)・枝松游心(新白岡)・金田絢子(下野田)・栗原汀逕(新白岡)
    関口天峰(新白岡)・澤尋泉(太田新井)・飛田穂苑(野牛)・二木進(新白岡)
     

第四部 <写真>
    小田嶋美千代(下野田)・小野田憲司(小久喜)・金谷隆史(西)・菊池良江(高岩)
    須加尾浩(小久喜)・田續和男(白岡)・中村隆夫(篠津)・福 島 勇(小久喜)
    吉田和博(彦兵衛)
            
                  会員数=42名
    



posted by 白美 事務局 at 20:41| Comment(0) | 白美 会員名簿

2022年 第21回白岡市美術家協会総会

5月8日(日曜日)午前10時より白岡市生涯学習センター1F 集会室1、2にて第21回白岡市美術家協会総会を開催しました。

新型コロナの第六波がまだ続く中、感染対策を取っての開催でした。
来賓に昨年11月に白岡市の新市長になられた藤井栄一郎氏、同市議会議長江原浩之氏、白岡市教育長長島秀夫氏、埼玉県議会議員岡重夫氏の臨席を賜り、会員出席者数24名、(委任状18名)の参加を得て行われました。

定刻10時より写真部須加尾さんの司会進行で開始、例年通り中村隆夫会長挨拶に続き、来賓4名の方々から祝辞を頂きました。

2022総会中村会長.jpg

                   中村会長挨拶


2022総会藤井市長.jpg

                  藤井栄一郎市長祝辞


2022総会江原市議長.jpg

                 江原浩之白岡市議会議長祝辞


2022総会長島教育長.jpg

                 長島秀夫白岡市教育長祝辞


2022総会岡県議.jpg

                 岡重夫埼玉県議会議員祝辞


2022総会全景.jpg

                    総会全景

来賓4氏の祝辞を頂いた後、第4部(写真)の田續さんを議長に、令和3年度事業報告、収支決算報告、収支決算監査報告を担当の役員が発表し、続いて今年度の事業計画、収支予算、役員改選の各案について質疑を受けつけました。
前年度の各報告及び今年度議案については、特に問題もなく全員の承認を受け、引き続き秋の白美展の概要説明、その他として新会員(第一部山本環さん、第3部金田絢子さん)の紹介などを行い、約1時間で無事21回目の総会を終了しました。
なお、総会の最後に白美展を記念する作品写真集の復活を期待する声が上がりましたが、これにつきましては21回展の運営委員会の中で実行する方向で検討して参ります。





posted by 白美 事務局 at 18:06| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年05月03日

2022年こもれび展 日本画・洋画 開催

5月3日、白岡市生涯学習センターギャラリーにて、2022年のこもれび展がスタートしました。
朝9時半より会員それぞれに丹精こめて描き上げた作品を持ち寄り、約1時間をかけて飾り付けの作業を行いました。
風薫る五月の空に負けない、清々しい19点の作品群です。

こもれび2045.JPG


こもれび2050.JPG


会期:5月3日(火)〜5月15日(日)まで。
開場時間:9時〜19時 最終日15日は16時まで 月曜休館
白岡市生涯学習センター (白岡市千駄野432)

ご高覧ください。



<この展示会は5月15日に終了しました>
*なお展示された作品の画像は全会期終了後にあらためてアップします





posted by 白美 事務局 at 12:58| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年04月01日

写真展「田續和男の世界」開催 <この展示会は盛況の内、終了しました>

当協会写真部会員、田續和男さんの個展「田續和男の世界」が、市内生涯学習センターこもれびの森ギャラリーにて開催されています。


タペストリー印刷した大型の作品や同じテーマで撮られた作品群、それにメッセージの込められた絵ハガキまで。
出品点数は大小合わせて70点以上。

会場いっぱいに掲示された作品は、作者の写真へのこだわりと、これからの写真表現の可能性を問いかけています。

tatsuzuki1.jpg



tatsuzuki2.jpg


今まで田續さんが進んできた道を振り返る、記念的な展覧会です。
ぜひ、ご高覧下さい。

<この展示会は、4月21日に終了しました>
会期:2022年4月1日(金曜)より4月21日(木曜) 平日9時〜17時
   最終日15時まで 月曜休館

会場:生涯学習センターこもれびの森ギャラリー
   〒349-0215 白岡市千駄野432 白岡市役所南側




posted by 白美 事務局 at 16:14| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年03月13日

写真展「田續和男の世界」が開催されます

4月1日より、当協会写真部会員の田續和男さんが写真展「田續和男の世界」と題して個展を開催します。

田續さんは二十代よりフォトグラファーの道を歩まれ、長年写真制作に携わって来たベテランです。
今回の個展では、重い機材を運びながら撮っていた4×5フィルム時代の作品から現在のデジカメに至る作品まで、約50点を一堂に展示し、その流れを顧みると同時にこれからの写真表現の道を探る展示会にしたいとの思いがあります。


tatuzukikoten1.jpg


                 写真展「田續和男の世界」

         会期:2022年4月1日(金)〜4月21日(木) 平日9時〜17時
            (初日13時より 最終日15時まで)月曜日休館

         会場:白岡市生涯学習センターこもれびの森ギャラリー
             〒349-0215 白岡市千駄野432



posted by 白美 事務局 at 21:27| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年02月11日

森田和彦 日本画展 〜四季を描く〜  開催  <展示会は盛況の内、終了しました>

〜四季を描く〜と題して、森田和彦さんの日本画展が、白岡市生涯学習センター こもれびの森ギャラリーで開催されています。

morita kaimaku1.JPG



morita kaimaku2.JPG


四曲屏風絵の大作2点を中心に、四季それぞれの美しさを描いた作品15点が並び、見応えのある展示会になっています。

<追記:この展示会は、終了しました>
会期;2月11日より2月23日(水曜日:祝)まで
平日・土曜 9:00〜19:00
日・祝は17:00 最終日は13:00まで  <月曜休館>

会場;白岡市生涯学習センター こもれびの森ギャラリー


posted by 白美 事務局 at 16:29| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年02月04日

日本画展 「四季を描く」 森田和彦さん個展開催のお知らせ

当協会 日本画会員の森田和彦さんが、白岡市生涯学習センター こもれびの森ギャラリーにて個展を開催します。


morita1.jpg



森田さんにとっては、白岡で初めての個展開催で、春夏秋冬の四季にちなんだ作品が展示されます。

期間は2月11日(金曜)〜2月23日(水曜) 
*日、祝日17時まで、 最終日13時まで  月曜日休館





posted by 白美 事務局 at 18:31| Comment(0) | 活動予定と記録

2022年01月15日

会員参加 「白岡市写真愛好会」開催  <この展示会は終了しました>

2022年1月15日より30日(日曜)まで、白岡市こもれびの森 ギャラリーにて「白岡市写真愛好会」(会長:田續和男)の写真展が開かれています。


IMG_0992.jpg


IMG_0991.jpg


当協会会員(写真部)の小田嶋さん、金谷さん、田續さん、中村さん、福島さん、吉田さんが参加出品されています。

今年のテーマは「花」。
作者それぞれの花の見方、捉え方、楽しみ方が窺える写真展になっています。
ぜひ、お立ち寄り下さい。




posted by 白美 事務局 at 11:12| Comment(0) | 活動予定と記録

2021年11月19日

第四部 写真 田續和男さん 太陽美術展に入選

当協会、第四部(写真)の田續和男さんが第47回太陽美術展(公募)に応募され、2点とも入選、現在展示中です。

「太陽美術展」 
会期:2021年11月17日〜11月24日(水) AM9:30〜PM5:30 最終日PM1:30まで
会場:東京都台東区上野公園内 東京都美術館 1F 第4展示室
 

 
tatuzuki photo.jpg






posted by 白美 事務局 at 21:05| Comment(0) | 活動予定と記録

2021年11月03日

第四部 写真 須加尾浩さん 日本風景写真協会 東京支部 第19回作品展に出品

当協会 第四部(写真)の須加尾浩さんが 日本風景写真協会 東京支部 第19回作品展
「秀麗彩美 〜出会いの瞬間〜」に出品されます。

会期:2021年11月26日(金)〜12月2日(木)
平日:10時30分〜19時 土・日:11時〜17時 (最終日14時まで)) TEL 03-3538-9822

会場:富士フォトギャラリー銀座
東京都中央区銀座1丁目2-4 サクセス銀座ファーストビル4F


20211103.jpg





posted by 白美 事務局 at 18:41| Comment(0) | 活動予定と記録

2021年08月24日

第20回 白美展 中止決定

8月22日、対面での白美展運営委員会を行いました。
当日は会員の皆さんに配送する出品案内等の仕分け作業を行う予定でしたが、新型コロナが予想以上の拡大を見せていることから、白美展の開催について実行するか見送るか、改めて確認する必要があるとして意見を交わしました。
その中では、状況が悪くとも制作意欲を高める為にも開催すべきとの意見や、美術展として不充分な会場づくりしか出来ず、また来場者も見込めない状況では開催する意味が無いとの意見もあり、最終的に参加役員11名の挙手により「実行か見送り」かの結論を出すことになりました。挙手は「見送る」が大勢を占め、そう決着した以上、会員の皆さんへは早く知らせる方が良いとして、中止のお知らせを24日に発送いたしました。

昨年も新型コロナで19回展が見送られていることから、今年は会場が使用禁止にならない限り実行するつもりで準備も進めて来ました。
今年は、予算の関係で例年作製しているチラシを取り止め、案内ハガキだけを作ることにしたのですが、それが数日前に印刷を終えたばかりでした。
運営委員会としては準備して来たものがすべて無駄となり、また白美展に向けて作品を準備されていた会員の皆様、また白美展を楽しみにされていた熱烈なファンの皆様には不満の残る結果となりました。
どうかご理解のほどをお願いします。

来春には生涯学習センターでの「こもれび展」を計画しています。
それまでに新型コロナが収束する見込みはまだ立ちませんが、学習センターギャラリーでの開催は、条件的には中央公民館より有利です。
運営委員会としては開催を目指し準備を進めますので、会員の皆さんには力作の出品をお願いします。


2021annaihagakijpg.jpg


             幻に終わった、今年第20回白美展の案内ハガキです。



posted by 白美 事務局 at 00:59| Comment(0) | 活動予定と記録

2021年07月13日

白岡写真愛好会 写真展開催 <この展示会は終了しました>

当協会所属の中村隆夫さん、田續和男さん、福島勇さん、金谷隆史さん、吉田和博さん、小田嶋美千代さんが参加出品している白岡写真愛好会の作品展示会が、白岡市生涯学習センター(こもれびの森)市民ギャラリーで開催されています。

期間は7月11日(日)より25日(日曜) 最終日は16時までです。

ご高覧よろしくお願いします。








posted by 白美 事務局 at 13:04| Comment(0) | 活動予定と記録

2021年07月02日

第二部 木村敏博さん 連鶴の展示即売会のお知らせ

第二部 クラフトアート所属の木村敏博さんが、「紙一枚で折る連鶴の世界」として作品の展示販売を行っています。

7月2日(金曜)より7日(水曜) 10:00〜16:00
場所は浦和駅東口  浦和パルコ 9F (コムナーレ) 市民活動サポートセンター内

お友達やご家族でお出かけください。

20150621_125523.jpg


  *上の写真は、木村氏の作品のひとつですが、今回展示されているか定かではありません。
posted by 白美 事務局 at 19:02| Comment(0) | 活動予定と記録