2019年06月20日

運営委員会2019年06月20日


 第18回白美展に向けて、最初の運営委員会が開かれました。
今年の白美展の準備は第一部主導で行われることから、日本画の小出さんが委員長として指揮を取ります。

本日の議題及び検討結果は以下の通りです。

1、白美展案内用のハガキ(通常サイズ)を新たに作成する。
  チラシには無い利便性があることから900部作成し、会員には10部ずつ配布する。
2、18回展のチラシ(ポスター)のデザインを選定。 
  部分的に修正を行い、7月末までの印刷(3,000部)を目指す。
3、特別展は行わない。

4、プレゼント品について 陶芸の小品作成を行う。
5、ポストカードについては昨年同様有志で行い、50枚につき千円の助成金を行う。
6、来場者アンケートは行わない。

7、外部への案内状については、文化団体連合会所属団体への案内を見直し、
  美術に近い活動を行っている団体にのみ送付する。 
  市議、教育委員、学校等については従来通り送付する。
  近年の芳名帳などで案内を希望されている方にも発送する。
  今後、芳名帳にて案内の希望を受け付ける
8、総会(各部会)で出た意見などを確認。

9、本展の出品案内申込書について
  発送日8/10 までに行い、 出品申込み締切日を8/31に設定する。
  会員への出品案内申込書の配布は、部毎にPR展会場で行う。
10、準備作業での役割分担を行う。(*詳細は略)

その他、・白美展の開場時間について、現行は最終日を除いて17時まで開いているが、
     16時以降は来場者が極端に減ることからこれを見直し、16時30分の閉場とする。
    ・8月14日より開催するPR展について、
     次回運営委員会までに各部で出品作品(サイズ、点数など)を決めること。
    ・今年の埼玉県展の入選者に入会勧誘を行う。

本日の運営委員会で決定した主な事項は以上です。

なお、次回の運営委員会は7月18日(木)19時よりです。
*会場は未定

委員の皆様、お疲れさまでした。




 
【運営委員会便りの最新記事】
posted by 白美 事務局 at 23:17| Comment(0) | 運営委員会便り

2019年05月22日

会員 原田敬子個展

第二部工芸(陶芸)原田敬子さんの個展の案内

522a.jpg


原田敬子「陶 展」
会期:2019年6月8日(土)〜6月15日(土) AM11:00~20:00 *最終日18:00 (定休日6/13)

会場:slow slow slow   横浜市港北区日吉本町1-18-25-102
(東急東横線または横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅より徒歩3分)

522b.jpg


この春、こもれびの森ギャラリーでのオープン記念展に出品された「青銅窯変鉢」に見る、深い青銅色の陶芸作品を中心に展示します。



白美会員のみな様へ
美術展への出品、個展やグループ展の開催など、広く周知したい活動などありましたら、このブログで取り上げます。
記載して欲しい文章と画像を shiraokabijyutu@gmail.comまで送って下さい。


posted by 白美 事務局 at 19:56| Comment(0) | 活動予定と記録

2019年05月13日

第18回総会開催

第18回白岡市美術家協会の総会が、5月12日(日)中央公民館集会室で行われました。

0512a.JPG



会員総数42名の内、出席数35個、委任状6個の今までで最も多い出席者数となり、来賓として白岡市長代理で副市長の野口仁史氏、教育長の長島秀夫氏、埼玉県議会議員の岡重夫氏の3氏にご臨席を賜り、祝辞をいただきました。

0512b.JPG


今回の総会準備は第4部(写真)が担当したことから同部の田續さんが議長に選出され、総会資料の議題に沿って進められました。

最初に平成30年度の決算報告、事業報告、監査報告がなされ、問題なく承認されました。
続いて「規約改正案」として二年前より検討していた「クラフトアート」部門の新設について説明を行い、質疑応答の上、賛成多数で承認されました。
これにより、今年度から第二部の彫刻・工芸に新ジャンル名として「能面」と「クラフトアート」が加わります。

引き続き今年度の事業計画と収支予算案が示され、賛成多数で承認されました。
今年度の事業計画として、主なものは以下の通りです。

第18回白岡市美術家協会展 会期:10月3日(木)〜6日(日) 会場:中央公民館講堂
PR展       会期:8月14日(水)〜30日(日) 会場:生涯学習センター ギャラリー

その他として、新入会員になられた第一部(洋画)大森光芳さん、第二部(クラフトアート)高川多美子さん、第四部(写真)吉田和博さんの紹介と、欠員になっていた第二部の役員に鬼久保康司さんが選出され、大きな混乱も無く議案はすべて承認され、令和元年度の総会は終了しました。

0512c.JPG


総会後に部門ごとに集まり、8月に予定されているPR展についての確認と、中村会長より提案のあった「こもれびの森 ギャラリー」を利用する春季の展覧会開催について意見交換を行いました。
春季の展覧会開催について、部門ごとに出た意見の集約はまだ成されていませんが、今後運営委員会の中で開催する方向で協議して行くことになります。

0512d.JPG


                                    (記:事務局 中村)


posted by 白美 事務局 at 10:32| Comment(0) | 活動予定と記録

2019年04月02日

オープン記念展 第四部

白岡市生涯学習センターのオープン記念展の最後を飾る、第四部 写真の作品展示がはじまりました。
期間は、本日4月2日(火曜)より14日(日曜)まで。 
開館は朝9時より夜の7時で、ゆっくりとご覧になれます。

190402c.JPG


国内外の自然、風景写真を中心に人物、動物、オブジェなどをモチーフにした写真作品 27点を展示しています。

190402b.JPG



市役所北側の桜並木が見頃を迎えています。一巡りしたら二倍楽しめますよ。







posted by 白美 事務局 at 16:58| Comment(0) | 活動予定と記録

2019年03月18日

PR展 開催予定

2019年度のPR展の開催場所及び期間がほぼ決定しました。

3月17日に生涯学習センターにて、同ギャラリーの利用者調整会議が行われ、
その結果、白岡市美術家協会の利用期間が8月14日(水曜)より8月30日(金曜)まで
と決まりました。

当初、9月の開催を候補としていましたが、9月から10月にかけて市主催の企画展示会が
予定され、真夏のPR展開催となります。


sekiyado2.JPG

                   <関宿 菜の花>


なお、ギャラリーの利用期間は通常2週間ですが、次の利用者との間に空きがあったため、
3日間の延長を行いました。

PR展についての詳細は、総会(5月12日)の「来年度事業計画」の中で正式にお知らせ
します。




posted by 白美 事務局 at 13:40| Comment(0) | 活動予定と記録

2019年03月15日

運営委員会2019年3月14日

 3月14日19時より、生涯学習センター会議室で委員会を開催しました。
会長以下、11名の委員(1名欠席)による、主に総会に向けての議題を検討しました。
具体的には、総会時に会員に配る「総会資料」作成の為の検討です。

総会資料は毎年、同じことを繰り返しているだけに見えますが、
なかなかそうではなく、事業計画、予算など毎年変わるものはみんなで意見を出し合い、
間違いないよう作り上げています。

来年度で特徴的なことは、今まで六部門でやってきた白美が、新たに「クラフトアート」
を加え、七部門になることです。
その為に、「協会規約」等が改正され、それに応じて何箇所も新しい文章を作り、検討
することが必要なのです。

 ーその他の議題としてー
例年9月に行っているPR展について、
来年度は白岡駅市民ミニギャラリーに代え、生涯学習センターのギャラリーを使用する
ことに決まりました。
今月17日に利用者調整会議が行われることから、そこで日程の予約を試みます。

 来年度新設されるクラフトアート部門に入会を希望されていた高川多美子さんについて、
役員多数の承認を得られたことから、入会を決定しました。
昨年白美展後に入会されたのは、第一部 大森光芳さん、第二部、高川さん 
第四部 吉田和博さんの三名。
退会が、書の片岡光蘭さん、写真の樋川さん他1名で、現時点で会員数は42名となります。

 白岡美術家協会として、白岡市観光協会に入会しました。(年会費三千円)
観光協会が所有するA2以上のインクジェットプリンターが利用可能となり、ポスターや看板
などの作成に活用出来ます。(プリントアウトも有料)

次回、委員会は、4月23日(火)の予定です。







posted by 白美 事務局 at 15:47| Comment(0) | 運営委員会便り

2019年03月05日

オープン記念展 二、三部

 3月5日より生涯学習センター 1Fギャラリーにて、第二部 彫刻・工芸及び第三部・書の
合同展が始まりました。
篆刻を含めた書の作品が16点、工芸部門では面が4点、陶芸が3点、染色が1点、それに彫刻部門が
1点の合計25点です。



DSC_0155A.JPG



DSC_0156B.JPG


DSC_0153C.JPG



    美術作品の展示、鑑賞を考えたギャラリーだけにスポットライトも完備され、
    特に色合い、陰影などが重要視される工芸作品など一段と見映えする展示に
    なっています。





posted by 白美 事務局 at 16:25| Comment(0) | 活動予定と記録

2019年02月19日

オープン記念展 第一部

    本日2月19日より、白岡市生涯学習センター(こもれびの森)のオープンを記念し、
   部門ごとに3グループに分け、作品展を開催します。
   
    第一弾は日本画・洋画の絵画部門です。

   生涯学習センターは昨年10月にオープンし、床面積約60uのギャラリーを備えていること
   から記念展を開こうとの話が盛り上がり、白美としては珍しい春の展示会となりました。

   綺麗なギャラリーですが、全会員の作品を並べるスペースは無く、   
   当協会の部門を3つのグループに分け、行うことになりました。
    
             開催日は以下のとおりです。

           「日本画・洋画」= 2月19日〜3月3日まで
          「彫刻・工芸・書」= 3月5日〜3月17日まで
             「写真」  = 4月2日〜4月14日まで
   
    期間はすべて12日間、9時より19時まで。月曜日は休館、最終日は16時までです。



DSC_0127A .JPG


DSC_013B.JPG


DSC_0132C .JPG


        (写真は、19日より開催された絵画部門の初日の様子です。)
               ご高覧、よろしくお願いします。






posted by 白美 事務局 at 14:00| Comment(0) | 活動予定と記録

2019年02月11日

会員名簿

第一部 <日本画/洋画>
 日本画=小出二郎(新白岡)・森田和彦(太田新井)
 洋 画=秋月幸子(上野田)・阿部重雄(小久喜)・石川幸子(新白岡)・大久保一巳(新白岡)
     大森光芳(上野田)・岡田昭夫(新白岡)・小池友子(小久喜)・小島せつ(寺塚)
     齊藤節子(白岡東)・三 枝 尚(新白岡)・佐藤美枝子(新白岡)・鈴木明美(小久喜)
     高橋真理子(小久喜)・森本敏之(小久喜)・山岸てる(白岡東)

第二部 <彫刻/工芸>
 彫 刻=中村和彦(新白岡)
 工 芸=阿部光江(白岡)・鬼久保康司(小久喜)・須永益生(篠津)・高川多美子(西)
     原田敬子 (西) ・山田和美(小久喜)

第三部 < 書 >
     石井春紅(小久喜)・枝松游心(新白岡)・栗原汀逕(新白岡)・関口天峰(新白岡)
     澤尋泉(太田新井)・飛田穂苑(野牛)・山木凌雲(白岡)・吉岡龍生(新白岡)

第四部 <写真>
     小田嶋美千代(下野田)・小野田憲司(小久喜)・金谷隆史(西)・菊池良江(高岩)
     須加尾浩(小久喜)・田續和男(白岡)・中村隆夫(篠津)・福 島 勇(小久喜)
     山下睦子(白岡)・吉田和博(彦兵衛)

    



posted by 白美 事務局 at 14:00| 白美 会員名簿

2019年02月10日

組織図

          2018年 平成30年5月 役員改選

       会長  中村隆夫(写真)

       副会長 小出二郎(日本画)/田續和男(写真)/中村和彦(彫刻)

       委員  第一部 小出二郎  石川幸子  大久保一巳
           第二部 中村和彦  山田和美
           第三部 澤尋泉  栗原汀逕  関口天峰
           第四部 田續和男  須加尾浩  福 島 勇
       監事      石井春紅        小池友子
       会計      澤尋泉        山田和美
       事務局     中村和彦




                                                     
posted by 白美 事務局 at 17:00| Comment(0) | 白美 組織図